ダイテック

ダイテック職人ブログ

屋根塗装で省エネ

ダイテックの施工事例

ダイテック 屋根塗装事例

塗料の違い

工事完了までの流れを解説

教えて!外壁塗装

無料お見積り・ご相談

対応可能エリアは大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山です

ダイテックTOP > 教えて!塗り替え・外壁塗装 > 屋根の種類(セメント瓦)

セメント瓦の屋根

「セメント瓦」とは、セメントと砂を主原料とした瓦に、塗装をした屋根材です。
形は昔ながらの日本瓦と似ていますが、主原料がセメントであることと、
圧縮成形して乾燥させたこととが決定的に異なります。

自由に塗装することができるので、カラーバリエーションは豊富。
近年では、焼き付け静電塗装を行ったセメント瓦もあり、防水性の向上も見られます。
日本瓦の代替品としてだけでなく、洋風、特にレンガ調の家にも合いやすいため、
安価なスレート屋根の増えた現在でも人気の高い屋根材です。

また、スレート屋根とは異なり、厚みがあるため、重厚感も出ます。
その割には安価で、比較的長持ちします。

セメント瓦の塗装

セメント瓦にもさまざまなものがありますが、
一般的には劣化とともに セメントが水を吸うようになってしまうため、
コケが発生しやすく、相応のメンテナンスが必要になります。

塗り替え時は、色あせが見られた時。
コケが見られるのならば、特に早急な塗り替えが必要です。

また、瓦に割れが見られる場合には、新しいものと取り替えるのが良いでしょう。
そのまま放置しておくと、当然浸水の原因となりますし、
コーキングなどでは一時的な応急処置にしかなりません。

化粧スレートのように薄くないので、縁切りの作業は不要なことが多いですが、洗浄は必須です。

瓦自体の劣化が進んでいるようならば、塗装ではなく葺き替えを考えるのもひとつの手です。


メールで無料見積もり
ページトップへ

若返りサプリならプラセンタ